キャンプギア

【SOTO ST-310】シングルバーナーはコレ1択!?大人気の理由を徹底調査

ゆうすけ

こんにちは!おこげ夫婦のゆうすけです!

大人気のシングルバーナー、『SOTO(ソト) ST-310』を徹底調査をしていきます!

私たちも、1年間ほど使用してきましたが、なぜ早く購入しなかったのだろうと後悔するほど、素晴らしい商品です!

グループやファミリーキャンプだと2バーナーが必須ですが、2〜3人のキャンプでしたら、シングルバーナーでも対応可能だと思います。

以前、私たちも2バーナーを使用していたのですが、結局1つしか使っていなかったので、シングルでいいんじゃない?という意見にまとまり、今に至ります。

ST-310特徴、注意点、SOTOのシングルバーナー比較を紹介していきます!

ST-310の基本情報

外形寸法幅166✖️奥行142✖️高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140✖️奥行70✖️高さ110mm(収納時)
重量330g(本体のみ)
発熱量2.9kW(2,500cal /h)
使用時間約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式圧電点火方式
材質バーナー・器具栓つまみ:ステンレス
ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品収納ポーチ
価格¥6,800(税込)

ST-310の特徴

高火力

SOTOが新開発をした、マイクロレギュレーター式を搭載しているバーナーのため、外気温低下や連続使用でも火力が低下しにくい設計となっています。

なので、冬キャンプので外気温が低下した中でも高火力を維持して調理することが可能です。効果が担保できるのは、SOTO純正のCB缶のみとなりますので、ご使用には注意ください!

収納がコンパクト

収納時は幅140✖️奥行70✖️高さ110mmと、とてもコンパクトに収納することができます。

付属品に収納袋も付いてくるので、有難い。。ですが、個人的におすすめなのは、別売りのアシストセットに付属してくる収納袋です!

布製に加えて、少し余裕のある収納袋なので、収納も楽々です。

五徳が大きい

五徳は、直径130mmと比較的大きく設計されています。

フライパン、ポット、鍋についても、問題なく使用することができます。

●フライパン

●ポット

●鍋

ただ、ホットサンドメーカーを使用するときは、バランスが悪いので、手で押さえておく必要があるので、ご注意ください!

別売りのアシストセットでより便利に!

  1. 点火アシストレバー
    こちらのアシストレバーを使用しないと、点火スイッチが小さく押しづらい状態です。
  2. アシストグリップ
    台は五徳と一体となっているので、伝導熱がテーブル等に伝わってしまいます。耐熱性のあるテーブル以外で使用する場合は、アシストグリップは必須になってくると思います。また、ステンレスなのでそのままの使用だと、滑ってしまうので、滑り止めとしての役割も担っております。
  3. 丸型収納ケース
    本体に収納袋は付属しているのですが、四角形でナイロンと、少し入れづらい印象です。こちらの収納ケースは少し余裕もあるので、購入をおすすめします!

価格:¥2,180(税込)

オプション製品が豊富

SOTO全体的にですが、オプション製品が豊富で、カスタマイズすることが可能です。

自分好みのオプション製品を探してみましょう!

S T-310の注意点

とても良い商品ですが、注意点もありますので、紹介していきます。

CB缶が丸見え

コンパクトなので、CB缶を隠すことはできないので、丸見えになってしまいます。

CB缶がそのままだと、キャンプスタイルの統一感も無くなってしまうので、CB缶カバーを購入することも検討すると良いかもしれません!

設置時にガス漏れ

こちらはコツさえ掴んでしまえば問題ないのですが、CB缶と本体を接続する際に、ガスが漏れてしまうことがあります。

もしもの時に備えて、開けた場所で設置することをおすすめします!

風に弱い

火が出る場所に風よけとなるものはないので、風を直接受けてしまいます。

テント内で使用する時は問題ないのですが、屋外で使用するときは風よけを設置したほうが良いかと思います。

オプションの中でもウインドスクリーンの風よけがありますので、購入をおすすめします!

私たちは少しでも費用を抑えようと思い、DAISOの風よけを使用しています(笑)

ウインドスクリーン価格:¥1,500

SOTO シングルバーナー比較

商品
ST-310

ST-330

SOD-331

SOD-320
重量330g250g182g81g
発熱量2.9kW
(2,500cal /h)
2.6kW
(2,200kcal/h)
3.5kW
(3,000kcal/h)
3.0kW
(2,600kcal/h)
使用時間約1.5時間 ※1約1.5時間 ※1約1.3時間 ※2約1.5時間 ※2
点火方式圧電点火方式圧電着火方式ライター圧電着火方式
価格(税込)¥6,800¥9,900¥9,900¥5,500
※1:ST-760 1本使用時、※2:SOD-725T 1本使用時

SODシリーズは本体が軽量で、STシリーズより高火力のところが特徴です。

STシリーズは圧電点火方式で、CB缶でも高火力なところが特徴です。CB缶は安価で購入することができるので、ランニングコストも抑えられるところはありがたいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人気とはいえ、良い点もあれば、注意点もあります。

しっかり自分の用途に合うのか見定めて購入してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。