キャンプギア

【徹底調査】Tokyo Campの類似商品を比較!コスパ最強な焚き火台には理由があった!

ゆうすけ

こんにちは!おこげ夫婦のゆうすけです!

私たちが愛用している、Tokyo Campの焚き火台について、紹介していきます!

焚き火台って色々な形状があり、値段もピンキリで迷いますよね、

私たちも以前は、Amazonの激安な焚き火台を2年間使用していましたが、全く不便さを感じませんでした。

Tokyo Campは大人気のピコグリルと瓜二つの見た目にも関わらず、安価ということもあり、人気上昇中の焚き火台です。

注目が集まっている焚き火台の規格と価格について、比較していきたいと思います!

Tokyo Campとは

Tokyo Campは焚き火商品を中心に販売しているキャンプメーカーです。

コンセプト

Tokyo Campのコンセプトは、『HAVE A RELAXING CAMPING LIFE』です。

アウトドア経験者の方、そうでない方、男女問わず全ての人たちにキャンプライフを楽しんでほしい、といった願いがあるブランドです!

ソロ、夫婦、家族等の幅広く活躍することができる焚き火台です。

Tokyo Camp 焚き火台紹介

価格4,980円(税込)
内容本体、収納ケース、マニュアル
大きさ(収納時)320㎜✖️220㎜✖️20㎜
重さ約985g

価格も税込で5,000円以内で収まり、軽量かつコンパクトといったところも、ありがたいところです。

私は楽天スーパーセール4,400円(税込)程度で購入することができました!コスパ良い!!!

Tokyo Campの良かったところ

次にTokyo Campの良かったところを3つ紹介していきます!

絶妙なサイズ感

出典:Rakuten

私が以前使用していた焚き火台は、薪の先端が外に出てしまう構造となっていました。
薪の焼きムラも発生してしまうので、着火時は苦労しました。。。

ですが、Tokyo Campの焚き火台は、薪を横に置くことができる構造となっています!
中央部分も少しだけ凹みがあるので、着火剤を入れて、薪を横に置けば簡単に着火することができます!

収納がコンパクト

キャンプ道具は大きいものが大きくて、収納大変ですよね、、

Tokyo Campの焚き火台はA4サイズの大きさで、厚さも20㎜ととてもコンパクトなのです。ちょっとした隙間に入れて収納することができるので、助かっています!

調理台が広い

調理スペースも303㎜✖️215㎜と2つの鍋やポットを置くスペースは確保することができます。架台となるパーツも本体に付属しているため、追加で購入する必要はありません!

Tokyo Campの注意点

素晴らしい焚き火台ですが、注意点についても触れていきます。

焚き火シートが別途必要

灰の受け皿は付属していないため、焚き火シートで灰を受け止める必要があります!

私たちは、Candoの焚き火シートを使っています。

そら

焚き火シートって、すぐに汚れてしまったりするので、安い商品を選ぶようにしています!

調理台までの距離が遠い

調理台までの距離が離れているので、加熱するのに時間がかかる印象を持ちました。

出典:Rakuten

不安な方は、公式で通常より3㎝低くなるオプションパーツが販売されていたので、購入をおすすめします!

類似品の比較紹介

当日発送ピコグリル398Picogrill398スピット2本専用ケース付属グリル焚き火台コンパクト
出典:Rakuten

こちらの写真はTokyo Campの焚き火台ではなく、ピコグリル398という焚き火台となります!そっくりですよね!

では、類似品について紹介していきます!

基本情報の比較

商品Tokyo Campピコグリル398TEITO
価格(税込)4,980円11,600円2,980円
大きさ(組立)40㎝×22㎝×26㎝39㎝×23㎝×26.5㎝38.5㎝×26㎝×25.5㎝
大きさ(収納)32㎝×22㎝×2㎝34㎝×23㎝×2㎝24㎝×34㎝×1.5㎝
重さ約985g約448g約762g

Tokyo Campの焚き火台は他社に比べて重い分、作りはしっかりしている印象を持ちます!
参考に比較してみてください!

まとめ

Tokyo Campの紹介と、類似品との比較いかがでしたか?

みなさまの参考に少しでもなれれば、幸いです!

では皆さん、楽しいキャンプライフを〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。